AIを用いた社会課題解決を通じて
幸せな社会を実現する

申し込み

2021.518,19

オンデマンド配信 5月18日~6月17日

イベント概要

About

AIは今どのように進化して、ビジネスや社会をどう変えようとしているのでしょうか。

ExaForum2021では、2つの形でこの問いに答えます。

まずは最先端の潮流に関しては、国内外からトップレベルの有識者に登壇していただきます。オンラインイベントという形式を利用することで、リアルイベントでは呼べないような超多忙な海外スピーカーに登壇していただけることになりました。

もう1つの形は、バーチャル展示ブースです。「自分の業界はAIでどう変わるのだろう?」「同じ業界の人でなければ、AIがこの課題を解決できるかどうか、分からないだろうな。だれに相談すればいいんだろう?」。そんな疑問をお持ちの方は多いと思います。

主催者である株式会社エクサウィザーズは、ベンチャーでありながら大企業並みに多角化しているのが最大の特徴です。介護、医療、金融、製造、ロボット、自治体などの分野から、AIを使って社会課題を解決したいと考える人たちがエクサに集まってきています。

展示会場ではそうした熱い思いを持ったエクサウィザーズの専門家たちが業界別、事業別のブースでお待ちしています。初歩的な質問でも全然かまいません。業界特有の細かな質問でもかまいません。ぜひテキストチャットで気軽に話しかけてください。

Contents

AIを使って、こんなことできない?

「AIを使えば、こんなことをできる気がするんだけど、本当にできるのだろうか。単純なアイデアなので、AI企業にアポを取って商談する段階でもないなあ」。 そういう段階のアイデアはお持ちの方は、ぜひバーチャル展示会場やネットワーキングラウンジにアクセスしていただき、関連しそうなブースやチャットルームの担当者にテキストチャットで気軽に話しかけてみてください。

AIで世界はどう変わっていくの?

リアルなカンファレンスでは到底実現しないような、豪華スピーカーによるセッションを集めました。特に外国人スピーカーは、国際的なイベントで基調講演をするような方たちばかり。日本のイベントへは初登壇という方がほとんどです。セッションはインタビュー形式で、日本語字幕つき。インタビューの前後で、ジャーナリストや専門家が解説しますので、より深く理解していただけると思います。質疑応答はテキストチャットで行いますので、気軽に質問していただけます。他のカンファレンスでは知ることのできない世界的な大きな変化の潮流を感じ取っていただけると思います。

人脈をどう広げればいいの?

これまでカンファレンスは、人脈拡大の場として利用されてきました。しかしコロナ禍でリアルイベントの開催が困難になりました。おそらくコロナ禍が収束しても、バーチャルイベントやハイブリットイベントが主流になり、リアルイベントオンリーの時代には戻らないだろうと言われています。ExaForumでは最新のバーチャルカンファレンスのプラットホームを使っています。バーチャルイベントでどう人脈を広げればいいのか。自社の世界観をどう表現していくのがいいのか。時代を先取りして検討を始めていただければと思います。

1か月間の開催期間中は
アーカイブ視聴が可能

時間が合えばリアルタイム参加、そうでない方もアーカイブ視聴で参加できる。
DX推進や社会課題解決に本気で取り組むビジネスパーソンに向けた、
事前登録で全コンテンツを利用可能なイベントです。

ExaForum2021

申し込み

Speakers

国内外の第一人者が勢ぞろい

「社会課題×AI」というテーマで、各分野の第一人者であるゲストスピーカーに登壇していただきます。
海外のAI/DX最新動向から日本国内の具体的なDX事例まで多様な角度でお話を頂きます。
AIを活用したDX推進や社会課題解決に本気で取り組むビジネスパーソンに向けた豪華なセミナーを全て無料でお楽しみいただけます。
また、事前登録することで開催から1か月間これらのセミナー動画をいつでも視聴することが可能です。

Steve Brown

インテル社の元未来学者。

リーダーがより良い未来を想像し、構築するための支援を行う講演・コンサルティング事業「Possibility and Purpose」を運営。 「The Innovation Ultimatum」の著者。​ CNN、BBC、ブルームバーグTV、ウォールストリートジャーナル、ワイアード誌などのメディアで特集されている。

Nina Xiang

中国のベンチャーキャピタルとテクノロジーセクターの専門家

20年近くの金融とビジネスメディアを経験。 世界経済フォーラムのアジェンダ・コントリビューターを務めており、中国のスマートな投資と技術革新を追跡する人工知能ベースのプラットフォームであるChina Money Networkの創設者。「Red AI: Victories and Warnings from China‘s Rise in Artificial Intelligence」の著者。​

Mauro Guillen

ウォートンスクールの国際経営におけるZandman Endowed Professorshipのホルダー

Fundación Princesa de Asturiasとして知られるスペイン王立財団の評議員、Escuela de Finanzas Aplicadasの諮問委員会メンバー、世界経済フォーラムの諮問委員を務める。​「2030 大きな潮流が重なりすべてを変える」著者。​

Eric Topol

カリフォルニア州ラホヤのスクリップス研究所ゲノミクス教授

スクリップス・トランスレーショナル・サイエンス・インスティテュート所長。Modern Healthcare誌で、米国で最も影響力のある医師経営者に選出。「ディープメディスン AIで思いやりのある医療を!」の著者。​

楠木建

一橋ビジネススクール教授

専攻は競争戦略。企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究している。大学院での講義科目は Strategy。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。『逆・タイムマシン経営論』、『「仕事ができる」とはどういうことか?』『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』など数々の書籍を執筆している。​

暦本純一

情報科学者。東京大学大学院情報学環教授、ソニーコンピュータサイエンス研究所フェロー・副所長、ソニーCSL京都ディレクター。

世界初のモバイルAR(拡張現実)システムNaviCamを1990年代に試作、マルチタッチの基礎研究を世界に先駆けて行う。『妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方』著者。​

谷本有香

フォーブス ジャパン Web編集部 編集長

証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカー後、米MBA取得。日経CNBCキャスター、同社初女性コメンテーター。トニー・ブレア元英首相、アップル共同創業者スティーブ・ウォズニアック等、3,000人を超えるVIPにインタビュー。​

菅原直敏

福島県磐梯町で日本初の自治体CDOを務める/Public dots & Company取締役

2019年、日本初の自治体CDO(最高デジタル責任者)として、福島県磐梯町でデジタル変革を担当する行政幹部を務める。以後、日本初の自治体版「デジタル変革戦略」の策定や町議会で全国初のオンライン議会の開催を支援する等、地方自治体のデジタル変革の第一人者として活躍している。また、一般社団法人Publitech 代表理事として、全国各地の自治体のデジタル変革のアドバイザーや研修講師を務める。​

奥田 久栄

株式会社JERA
副社長執行役員・経営企画本部長

中部電力(株)側のキーパーソンとしてJERA設立における経営の枠組み作りに注力し、JERAへの既存火力の統合と統合後の新たなビジネスモデルを抜本的に新設した経験を持つ。2021年4月から代表取締役副社長へ就任。現在はJERA全体の経営戦略、企画、調査、広報を担務し、世界のエネルギー市場に新しい価値を生み出す企業展開に従事。

サミ・ベンジャマ

株式会社JERA
常務執行役員・Global CIDO (Chief Information and Digital Officer)

大手コンサルティングファームでテクノロジー戦略・導入コンサルタントとして活躍後、自動車部品メーカーのIT責任者、大手飲料メーカーのCIOを担務したのち、ITシェアードサービス会社の代表取締社長に就任。先進テクノロジーによるデータ重視の組織を推進し、大規模なデジタル変革を実行した経験を持ち、Computerworldによる2017年のCIOトップ100人の一人に選出。現在は会社全体のICTに関する日本の基盤構築及びビジネス戦略を策定し、グローバル展開に従事。

武笠智昭

シチズン時計株式会社

営業統括本部 オープンイノベーション部。時計における基礎研究、技術開発に従事。 創業100周年を機に開発された、光発電では 世界最高精度「年差±1秒」の腕時計の基幹技術開発を担当し、 2019年世界最大の時計見本市 BASEL WORLD(スイス)にて自ら発表。 現在はその経験を活かし新規事業開発に従事。 「腕時計との新たな出会いの場」を目指し、 エクサウィザーズ社と共同開発したAIウオッチレコメンド の開発を牽引。

森山 真一

Wovn Technologies株式会社 Marketing Department Marketing Manage

総合商社にて基幹ERPパッケージシステムの導入・運用、R&D業務などに従事。その後、リクルートグループにて機械学習技術を活用した新規事業プロジェクトに初期メンバーとして加わり、事業開発・顧客データ分析・商品企画等を手掛ける。2021年よりWovn Technologiesにてデジタルマーケティング業務全般を推進。

高野俊行

日揮ホールディングス㈱  サスティナビリティ協創部 顧客価値創造グループ プログラムマネージャ。

2006年に日揮入社以降、プロジェクトマネジメント部で13年間勤務。大規模プラント建設プロジェクトのマネジメントとして、カタール・マレーシア・米国等の海外駐在を9年間経験。帰国後、日揮におけるDXプロジェクトのリーダーとして日揮のDXを推進。現在は新規事業の開発に従事。​

Sponsors

platinum

Mediapartners

Timetable

DAY1-1

11:00~ 12:00

石山 洸

株式会社EXAWIZARDS
代表取締役社長

開催の挨拶

平井卓也

デジタル改革担当大臣

開催の挨拶

平井卓也デジタル改革担当大臣のビデオメッセージ

DAY1-2

12:00~ 13:00

Steve Brown

多国籍企業専門コンサルタント/未来学者

複数の技術融合で起こる変化の津波

AIの次にくる「Next Big Thing」とは何なのか。元インテル社エバンジェリストで未来学者のスティーブ・ブラウン氏は、AIやIoT、ロボティクスなどの複数の技術が融合し、社会を変えるテクノロジーの津波になる、と予測します。その結果、仕事や教育の未来も大きく変化しそうです。ベストセラー「the Innovation Ultimatum」の著者が見る次の大きな社会変化について、詳しくお話をうかがいます。

DAY1-3

13:00~ 13:30

奥田 久栄

株式会社JERA
副社長執行役員
経営企画本部長

【スポンサー企業様特別インタビュー】

JERAが目指す脱炭素DX

エネルギー業界のリーディングカンパニーJERAが目指す脱炭素DX

サミ・ベンジャマ

株式会社JERA
常務執行役員
Global Chief Information and Digital Officer

【スポンサー企業様特別インタビュー】

JERA DXの未来と挑戦

エネルギー業界のリーディングカンパニーJERAが目指す脱炭素DX

DAY1-4

14:00~ 15:00

谷本有香

フォーブス ジャパン
Web編集部 編集長

日本のワクワクで世界に貢献する時代

ジャーナリストとしてこれまで多くの経営者や企業を取材してきた谷本有香氏は、ここにきて「明らかに時代の流れが変わった」と指摘します。新しい時代には、世界が日本の美意識を求めるようになると言うのです。われわれは今、どのような時代に向かっているのか、詳しくお聞きしたいと思います。

DAY1-5

15:00~ 15:30

森山 真一

Wovn Technologies株式会社
Marketing Department
Marketing Manager

【特別講演】

グローバル企業に求められるデジタルシフトと多言語対応

DAY1-6

16:00~ 17:00

楠木健

一橋ビジネススクール教授

人口減少期にすべきこと、すべきでないこと

少子高齢化に伴う人口減少が諸悪の根源のように言われていますが、少し前までは人口増加が諸悪の根源とみなされていました。つまり、いい悪いはない。人口減少は先進国として避けられない事実。大事なのは、コントロールできることとできないことを見分けて進むことだと、楠木建氏は主張されています。

DAY1-7

17:00~ 18:00

暦本純一

情報科学者
東京大学大学院情報学環教授

妄想する頭、思考する手

スマートフォンのピンチイン、ピンチアウト技術のアイデアの生みの親、東京大学の暦本純一氏に、アイデア発想法についてうかがいます。暦本氏の近著「妄想する頭、思考する手」によると、人と違ったアイデアを生むためには、いろいろと妄想する力と、手を動かしてその妄想を形にする力の両方が必要だということです。今後AIがさらに進化する時代の中では、人間に求められるのはアイデア力になる、と言われています。アイデア力の高め方について日本有数のアイデアマンである暦本氏に、彼の具体的手法を教えてもらいたいと思います。

DAY1-8

18:00~ 19:00

菅原直敏

福島県磐梯町で日本初の自治体CDOを務める
Public dots & Company取締役

日本初の自治体CDOが語る
自治体DXにおけるAI活用と官民連携の取り組み

DAY2-4

14:00~ 15:00

Eric Topol

カリフォルニア州ラホヤのスクリップス研究所ゲノミクス教授

AIが引き起こす医療の歴史的変化

米医学界の権威、Eric Topol医師によると、何十年に一度の大変化が医療の世界に起こっているといいます。スマートフォンやAIの登場で、これからの医療はこれまでの医療とは大きく異なるものになるというわけです。AIが今、どのように医療の世界に影響を与えているのか。詳しく話を聞きたいと思います。

DAY2-5

15:00~ 16:00

武笠智昭

シチズン時計株式会社
 営業統括本部
 オープンイノベーション部
時計における基礎研究、技術開発に従事。 創業100周年を機に開発された、光発電では 世界最高精度「年差±1秒」の腕時計の基幹技術開発を担当し、 2019年世界最大の時計見本市 BASEL WORLD(スイス)にて自ら発表。 現在はその経験を活かし新規事業開発に従事。 「腕時計との新たな出会いの場」を目指し、 エクサウィザーズ社と共同開発したAIウオッチレコメンド の開発を牽引。

シチズン時計様の成功事例を聞く! AI導入プロジェクトのホントのところ!

シチズン時計様が2020年7月にリリースした、AIが自分の好みに合った時計を選ぶ「AIウォッチレコメンド」サービス。一見、AIとはかけ離れた業界の彼らが、どのような苦難を乗り越えてプロジェクトを成功させたのか。その裏側に迫ります。

DAY2-6

16:00~ 17:00

Nina Xiang

中国のベンチャーキャピタルとテクノロジーセクターの専門家

過去2年で状況激変 ~中国AIの今~

「中国のAI技術は米国を超えた」という報道も「中国はいまだにプライバシーを軽視している」という報道も間違い。元ブルームバーグ通信の経済記者で、中国のAI産業に関する書籍を書いたNina Xiang氏は、中国AI産業の現状をそう語っています。中国のAI産業は急速に変化し続けているようで、同氏が本を書き終わってからも状況は大きく変わったと言います。最新の中国のAI産業の現状をうかがいます。「中国のAI技術は米国を超えた」という報道も「中国はいまだにプライバシーを軽視している」という報道も間違い。元ブルームバーグ通信の経済記者で、中国のAI産業に関する書籍を書いたNina Xiang氏は、中国AI産業の現状をそう語っています。中国のAI産業は急速に変化し続けているようで、同氏が本を書き終わってからも状況は大きく変わったと言います。最新の中国のAI産業の現状をうかがいます。

DAY2-7

17:00~ 18:00

高野俊行氏

日揮ホールディングス㈱
  サスティナビリティ協創部
顧客価値創造グループ プログラムマネージャー

現場に"定着"させるDXの進め方

何故DXがうまくいかないのか?その答えの一つは「現場への定着」にあります。 DXを含む企業の変革に於いては、あるべき姿を描くだけではなく、そこに向けたロードマップを組み、そして確実に現場に落とし込んで行く事も重要です。現場が動いて変わるところまでDXが進んで、初めて「DX」が成功したと言えるのです。DXプロジェクトに深い知見と強い実行力をもつ日揮ホールディングス㈱の高野様をゲストにお招きし、「実行のエッセンス」にフォーカスした内容でお送りさせていただきます。

大植 択真

株式会社エクサウィザーズ
取締役

 

DAY2-6

18:00~ 19:00

Mauro Gullen

米ウォートンスクール教授

2030年 日本の課題とチャンス

米国でベストセラーになったペンシルベニア大学ウォートンスクールのマウロ・ギレン教授の近著「2030」が、日本語に翻訳され6月中旬に早川書房から発売されることになりました。それに先立って、幸運なことに同教授のお話をうかがえることになりました。人口動態統計、消費者動向、最新テクノロジーなど、世界を別々の切り口で眺めるのではなく、すべての切り口を統合した上で10年後の未来を読み解く、というのが同教授の手法です。世界の潮流を押さえた上で、日本の進むべき道についてお話しをうかがいたいと思います。

ExaForum2021

申し込み

Contact

ExaForum2021 イベント事務局

e-mail: exacommunity@exwzd.com

スポンサーをご検討の企業様はこちらからお問い合わせください。